仮想通貨投資を始めようとしている人や仮想通貨に興味を持っている人が一番関心を持っていることは「ビットコインは儲かるのか?」ということでしょう。

今回はこれから仮想通貨投資を始めようとしている方に向けて、ビットコイン投資のメリット・デメリットを考察し、ビットコイン投資が儲かるのか検証していきます。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は儲かるのか?

ビットコインは儲かるのか?
ビットコインのチャート

上の図はビットコインのチャートです。チャートとは値動きを表すグラフです。図を見てわかるように、値動きが大きいのがビットコイン投資の特徴といえます。短期間で高騰したり下落したりとアップダウンを繰り返します。

価格変動率が大きいということは、大きな利益を得ることができるということですが、その一方で大きな損失をしてしまう可能性も大いにあります。

ビットコイン上がる下がる

2017年末ビットコインが高騰したことにより数々の「億り人」を輩出しました。しかし、その後急落。これにより、借金を背負うことになった人も多いようです。

ビットコイン投資は「儲かる」とは一概には言えず、日々価格は上がったり下がったりしているので利益も得られますが、損失も受けます。「儲かる」ためには、購入のタイミングによるものが大きいでしょう。

例えば、今までの傾向から見て世界的に影響力のある人物が仮想通貨に対しポジティブな発言をすると、ビットコインの価格は上昇します。一方、法規制など仮想通貨のネガティブなニュースが流れればビットコインの価格は下がります。

ビットコインの価格予想をするのは非常に困難なものといえます。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)で儲けた人

裕福な人

ビットコインの価格上昇の恩恵を受けた人物をご紹介します。

堀江貴文氏

日本人の中でも早くから仮想通貨に注目していたという堀江貴文氏。仮想通貨の中でも、イーサリアム・リップル・モナコイン に注目していたそうで、先見の明があったようです。

それらは、現在時価総額順位上位に入っているので、かなり稼いだのではないかと考えられています。

仮想通貨に言及することも多く、仮想通貨に関する発言は大きな反響を呼んでいます。

ロジャー・バー氏

ロジャー・バー氏はビットコインなどいち早く仮想通貨に注目し、その資産は推定17億円といわれるほどの多額の利益を得ました。

そのことから、ビットコインを広めた人物として「ビットコインの神」とも呼ばれています。 現在も投資を続行している傍、

Bitcoin.comというニュースサイトを運営しており、仮想通貨に関する情報を提供しています。

ウィンクルヴォス兄弟

ウィンクルヴォス兄弟は、世界最大のビットコイン所有者として有名です。Facebookのアイディアを生んだことでも知られています。

ウィンクルヴォス兄弟は、ビットコインの上場投資信託 (ETF) の認可申請を米国証券取引所 (SEC) に申請しましたが、SECはこれを拒否しました。

このように、仮想通貨界で世界的に影響力のある人物であることが伺えます。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)で儲かる仕組み

儲かる仕組み

仮想通貨とは

実態を持たないバーチャルな通貨のことを総称して「仮想通貨」と呼びます。インターネット上で使えるお金であり、世界中の誰でも使えることができます。中央管理者がいないP2Pネットワークにより互いに共有・監視しあいながら取引を進めるシステムであり、強いセキュリティ体制を持っています。

ビットコイン以外の仮想通貨を総称して「アルトコイン」と呼びます。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは

世界最初の仮想通貨であり、仮想通貨システムを作り出した生みの親ともいえるコインです。時価総額順位は1位を保っており、人気の高さが伺えます。チャートを見てみると、例外もありますがビットコインを基準に他のアルトコインも同じような動きをしていることが分かります。

ブロックサイズ問題など課題も未だ残っていますが、改善する新しい動きも見られています。これからも進化するコインとして注目を集めています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)で儲かる仕組み

「ビットコインを安く購入し、価格が上昇した時に売る」ことで購入した額と上昇した額との差額が利益となり儲けることができます。なので、暴落している時は逆に考えれば、安く購入するチャンスと言えます。値動きや最新情報に注意しながら投資しましょう

「マイニング」という方法でも稼ぐことが可能です。マイニングとはブロックチェーンに新しいブロックを繋げる作業のことをいい、膨大な計算量をこなさなければいけません。その計算に一番早く成功した者に報酬がもらえるという仕組みとなっています。

ただ、ビットコインのマイニングは難易度が高く、膨大な計算量をこなす電力を個人で用意するのは困難なのが現状です。マイニングで稼ぎたい場合、団体でマイニングをしている「マイニングプール」に参加する必要があるといえます。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の始め方

ビットコインの始め方

取引所に登録する

まず、国内の仮想通貨取引所に口座開設をしましょう。身分証明書があれば、口座開設することが可能です。およそ10分ほどあれば登録できる簡単なものとなっています。セキュリテイ強化のため、必ず2段階認証設定をしておきましょう。

本人確認として時期にもよりますがおよそ3日〜1週間ほどで取引所からハガキが届きます。これで登録完了となり取引が可能な状態となります。

取引所に日本円を入金する

取引所に日本円を入金しましょう。銀行入金やコンビニATM入金、ネットバンキングからの入金など選べるので、自分に適した入金方法を選びましょう。

取引所もしくは販売所でビットコイン(Bitcoin/BTC)を買う

仮想通貨取引所には「取引所」と「販売所」の2種類が存在します。販売所では、取引所から直接買うので早く買える(売れる)のですが、手数料が高くなるのいうデメリットが生じます。一方、取引所は他のユーザーと取引をするので時間はかかりますが、売りたい(買いたい)値段でやりとりできます。

自分に適した取引方法でビットコインを購入しましょう。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)を保管する・使用する

セキュリティ上取引所にビットコインを預けたままにするのは危険なので、「ビットコインウォレット」に移して保管しましょう。ウォレットは種類がいくつかあるので、使用用途によって適したウォレットを選びましょう。

実店舗で使用する場合、持ち運びしやすいモバイルウォレットが便利です。全国のビックカメラやメガネスーパーがビットコイン決済を導入するなど、ビットコインで決済可能な店舗は増えてきています。

おすすめの取引所3選

ビットフライヤー

bitflyer(ビットフライヤー)top

ユーザー数・ビットコインの取引量ともに日本一である仮想通貨取引所です。SMBCやみずほなど大手企業が出資しており、他の取引所に比べて資本金が多く安定感があるのが特徴です。

また、セキュリティに非常に力を入れており、マルチシグ機能・コールドウォレットであるのはもちろんのこと、不正ログイン補償サービスも備わっており安全性の高い取引所といえます。

>>bitFlyerの公式ページはこちら

DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)

DMM Bitcoinでは仮想通貨のレバレッジ取引だけでなく、現物取引にも対応しています。対応している仮想通貨は以下のとおりです。3種類しかありませんが手数料が無料ということで、利用しているユーザーも多く、今後取り扱い通貨が増えることも期待できます。

  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • リップル(Ripple/XRP)

DMM ビットコインは クイック入金に対応しており手数料も無料となっていますので、重宝しているユーザーも存在しているのです。利益を上げて日本円を出金する際も、DMM ビットコインの日本円出金手数料は無料となっています。

>>DMM Bitcoinの公式ページはこちら

コインチェック(CoinCheck)

コインチェックでは、扱っている9種類の全ての通貨を日本円で購入することができます。

日本円で直接全ての仮想通貨を購入できるのは、特に初心者ユーザーの方にとっては安心ですよね。国内の取引所の中には、ビットコインは日本円で購入できるものの、イーサリアムなどその他のアルトコインは、 いったんビットコインを購入した後、そのビットコインであらためてアルトコインを購入しなければならない取引所もあります。

>>Coincheckの公式ページはこちら

ビットコイン(Bitcoin/BTC)投資のメリット

ビットコイン投資のメリット

株や不動産投資に比べ、ビットコイン投資のメリットをご紹介します。

国家に関係なく取引ができる

インターネット環境があれば、世界中どこにでも使えるのがビットコインです。ですから、海外のオンライショップでの買い物、海外へ送金に適しています。特に海外への送金は手数料も安く済み、時間とコストの削減が可能です。

ビットコインは世界共通の通貨・国際通貨として注目されているのです。

少額から取引可能

取引所によっては数百円から取引が可能なので、初心者の方でも安心して取引を始められます。また、レバレッジ取引といって、少額の投資額で何倍ものビットコイン投資ができる取引j法もあります。

24時間365日取引できる

ビットコインのシステムは24時間365日稼働しているので、取引がいつでも可能となっています。

市場として将来性がある

決済・送金として優れた機能を持つ仮想通貨。今後さらに身近なものとして普及していくのでは、と考えられています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は今後も上がり続けるのか

ビットコインの成長力

なぜ仮想通貨が「儲かる」と言われているのでしょうか?それはビットコインの将来性の高さにあるからと考えられます。ビットコインは決済・送金として優れた機能を持ち、高いセキュリティも備わっていますので、今後一般的に普及していく可能性は十分あると考えられます。

また、2020年の東京オリンピックに向けて国際通貨としてビットコインが活躍するかもしれません。よりビットコイン普及が進めば、当然価値は上がります。長期的にみて、価格が上がることは期待できるのではないでしょうか。

まとめ

短期的にみると「儲かる」とは言えませんが、ビットコインの将来性の高さから考えて長期的にみれば、価格は上がる可能性は十分あるのではと考えられます。

焦らず中長期的な投資が利益を生む鍵といえます。