仮想通貨ってなに?top

ビットコインの急騰により注目されることが増えた仮想通貨ですが、どのような仕組みなのか、実際の取引の仕方や送金方法などについてよくわかっていない人もいるのではないでしょうか?

今後普及して行く可能性が高い仮想通貨について早いうちから知見を貯めておくことは、現代がどのような時代なのかを理解する上で必須です。

仮想通貨とは

仮想通貨とは

仮想通貨とは、電子的データで取引が行われる通貨のことをいいます。特定の国家による保証はなく、また法定通貨のような実体や決められた価値のあるものではありません。その一方で通貨と交換できる価値を持ち、世界共通で使えるという性質を持つものです。多くの仮想通貨で発行上限が定められており、インターネットの発展の中でオンライン上での新しい通貨の形として普及が期待されています。

電子マネーとの違い

仮想通貨とよく似たイメージとして、電子マネーがあります。電子マネーもデータであり、通貨としての実体はありません。しかし、電子マネーは法定通貨により一定の価値が保証されていること、管理主体があり特定のサービス内での利用となるという点に違いがあります。また、電子マネーは第三者にそのままの状態で渡ることはなく、法定通貨の利便性を高めるために先払いされている代替通貨に過ぎません。仮想通貨も電子マネーもデータ化されたお金ではありますが、その性質は大きく異なっています。

仮想通貨の種類

仮想通貨の種類

世間では仮想通貨=ビットコインという認知をされていますが、仮想通貨は大別するとビットコインとアルトコインがあります。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)

ビットコインは、最初に作られた仮想通貨で、サトシ・ナカモトという人物名で発表された論文およびソフトウェアによって開発されたものです。ブロックチェーンをはじめ、ビットコインの中核となるプログラムは公開されており、後に登場するあらゆる仮想通貨の基礎となっています。取引量・時価総額ともにトップの仮想通貨です。

アルトコイン

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことです。ビットコインをベースに、用途に応じてさまざまに改良された仮想通貨で、現在1,000以上のアルトコインが確認されています。アルトコインの増加はさらに続くと考えられており、その中には、ビットコインキャッシュ(BCH)のように、仮想通貨からハードフォーク(分岐)して作られた改良型のコインもあります。

アルトコインはビットコインと比較するとそれぞれ価格や取引量は低いです。しかし、今後の仮想通貨市場の拡大によっては、ビットコイン以外にも高いシェアを占める通貨が出てくる可能性は十分にあるでしょう。

わかりやすい仮想通貨の仕組み

仮想通貨の仕組み

仮想通貨がどのように通貨として成立してくのか、技術的な仕組みを簡単に解説します。

仮想通貨は電子的なデータですが、通貨として流通するためにはデータの記録や移動を正確に実現する仕組みが必要になります。その中核を為す技術がブロックチェーンです。

ブロックチェーンとは、すべての取引情報を連続して記録したデータベースのようなものです。取引情報はブロックとよばれる単位で格納され、ネットワークにつながっているコンピュータ同士が、全て情報を自由に参照できるようにP2P共有することによって改ざんを防いでいます。また、特定のサーバーを使用しないため、システムがダウンすることもありません。

新たな取引が発生した場合には、その情報を含むブロックを、ブロックチェーンに繋ぐ作業が必要です。そのためには、コンピュータによる膨大な計算が必要で、この作業をブロックチェーンを保存している複数のノードが行います。複数のノードの中で計算の目的の答えであるナンスと呼ばれる値を一番に見つけたノードが他のノードに知らせ、それが多数決で承認されたら、新規のブロックが生成されます。このナンスを見つけ新しいブロックを生成して行く工程を「マイニング」と呼び、ナンスを一番に見つけ承認されたノードには報酬としてBTCが与えられます。

以上のようなステップをとるため、ブロックチェーンでは、中央管理者が設定されずとも正しい連続性のあるデータが維持することができるのです。

仮想通貨投資のメリット

大きな利益が得られる

仮想通貨の相場の一時的な上昇がニュースでもしばしば取り上げられますが、仮想通貨の価値は、長期的に見ても仮想通貨市場の拡大により上昇すると考えられています。ビットコインの価格推移を見てもわかるように、仮想通貨が誕生して間もなくは安値です。しかし、仮想通貨市場の拡大や使える対象の増加など、必要性が高まると価格は必然的に上昇します。

特に上場したばかりの仮想通貨は、今後の動向によっては数百倍や数千倍もの価値の高騰が期待できるでしょう。そのような局面を狙って投資することで、大きなリターンが得られる可能性があります。仮想通貨でしばしば「億り人」が生まれるのはそのためです。

少額の投資が可能

仮想通貨への投資は、通貨の種類にもよりますがおおむね数百円程度から可能です。例えば、ビットコイン1BTCは80~100万円前後、最高値は230万円ほどでしたが、国内では0.0001BTCからの取引ができる業者もあります。

どんな投資にも当てはまりますが、リスクについては常に考えておかなければなりません。しかし、少額であれば損失が発生したとしても、さほどダメージとはなりにくいでしょう。投資初心者はもちろん、分散投資先にも向いているといえます。

取引チャンスが多い

他の投資手段と比較すると、現状多くの仮想通貨で1日の価格変動が大きくなっています。そのため、取引機会が多くありますし、短期間に結果を出すこともできる点がメリットです。また、他の投資商品と異なり、取引は24時間365日可能です。資金の移動も簡単ですので、より積極的な投資行動が取れるでしょう。

仮想通貨のデメリット

大きな損失になる場合もある

仮想通貨はあくまで仮想のもので実体はなく、国家により価値が保証された法定通貨でもありません。そのため、何らかの原因によっての相場の暴落や、最悪の場合破綻して通貨自体の価値がなくなる可能性も想定しておかなければなりません。特に草コインとよばれるマイナーなコインに投資する場合には注意が必要です。

また、現在のところ流通量や流動性の少なさから、価格変動幅もほかの投資商品と比べ大きいです。そのため、大きく値下がりした場合には、損失も大きくなるという点については常に意識しておきましょう。特にレバレッジ取引を行う場合には、リスク管理が重要な課題となります。

法律規制を受ける可能性がある

日本では、仮想通貨取引業者を登録制とするなどの規制が進みました。現状では、仮想通貨の取引に関して、国としての規制は行われておらず、どちらかといえば環境を整備して、健全な成長を認めている状況です。しかし、将来的な動向はどのようになるかはわかりません。

なぜなら、仮想通貨は世界規模で経済活動を拡大させる効果がある一方、マネーロンダリングなどの問題も内在するため、世界的に規制強化の流れはいつ起こっても不思議ではないからです。今後、国によって見解が分かれる可能性もあるでしょう。

セキュリティ問題のリスクがある

仮想通貨投資においては、セキュリティ対策が重要となります。信頼できる運営体制の業者を選ぶことはもちろん、取引環境についても十分な注意が必要です。ハッキング対策として、仮想通貨の保管はコールドウォレットに行っておくなど、適切な対応が求められます。

また、取引所の閉鎖や大規模な流出事件もしばしば起こります。その場合、当事者のみならず、相場全体が影響を受ける可能性があることもリスクとして考えておかなければなりません。

仮想通貨はどう使えるの?

仮想通貨の使い方

仮想通貨は実際どのような場合に利用されているのでしょうか。大別すると、決済目的と投資目的の利用があります。

買い物に使える

決済手段として、買い物やサービス代金の支払いに使えます。現状まだ少数ではありますが、直接ビットコインで支払いが可能な店舗も増えつつあります。日本でも量販店大手が対応を始めていることからも、今後決済手段としての普及が期待できるでしょう。特に、自国以外で支払いが必要な場合に、仮想通貨が利用できれば両替の手間やコストがかかりませんので、決済手段として旅行者からの需要は高いです。

個人間送金に使える

仮想通貨にかかる送金手数料は、法定通貨と比較すると低額です。また、仮想通貨は世界共通のものであるため、送金先が海外の場合でも両替は必要ありません。資金移動までの時間も非常に短く済むというメリットもあります。今後個人用の少額決済を目的としたマイクロペイメント・チャネルが本格的に実用化されると、さらに送金手段としての知名度や利用は高まっていくでしょう。

投資対象としての利用

仮想通貨のニーズが高まるにつれて通貨の価値が上がるため、投資対象として売買が行われます。ビットコインも誕生時は格安でしたが、年を追うごとに認知されるようになり、価格が急上昇しました。仮想通貨の市場は今後も拡大すると予想されており、利益期待はさらに高まるでしょう。

現在仮想通貨を保有している人の多くが、投資目的といわれています。現状、投資対象としては仮想通貨はさほど大きな規模ではありませんが、2017年末に先物取引が可能となったことからみても、今後の機関投資家の本格参入はますます進んでいくでしょう。

まとめ

仮想通貨というと、その実体がないせいかギャンブル性の高いものという先入観を持っている人がほとんどです。
しかし、仮想通貨のブロックチェーンに裏付けされた価値の仕組みそのものは、私たちの生活を大きく変えて行くと期待されています。
現在のところ、仮想通貨の基軸はビットコインですが、今後、目的に応じて改良されたアルトコインについても利用価値が高まると考えられています。

仮想通貨のしくみやメリット・デメリットを理解した上で、動向に注目すると見え方が大きく変わってきます。