FX初心者は取引ルールが大事

FXを始める前に「自分の取引ルール」を決めておかないと、安定して利益を出すことは難しいです。そして、それを絶対に守る強い意志が必要です。

損切りラインを決める

FXを始めるにあたって「損切りラインを決める」これが一番大事です!

具体的に言うと「レバレッジを何倍にするのか」、「いくらまでの値幅まで動いて損したら損切りするのか」を決めます。

つまり、最初に取引ごとの損失許容金額を決めておくことが大切です。

これは自分の証拠金の金額によっても変動します。

注文を出してポジションを持ったら、すぐに「損切りの注文」も入れておきましょう!

人は感情に流されやすく、 特に損をしている時は、なかなか決断できないものです。

いかに感情移入せず、機械的にトレードできるかが勝負の分かれ目になります。
1つの解決策として、自動的に売買をしてくれるトレードシステムを使うのも手だと思います!

鉄の意志でルールを守る

自分のルールを決めないと、安定して利益を出すことは難しいです。自分に合ったルールを決めて、それを絶対に守る強い意志が必要です。

守れないと大損します。

自分のルールを守らなかった人の共通パターンとして安定的に利益を上げられないことがあります。

余裕資金で取引する

取引する際は、必ず生活費とは別の余裕資金で運用をするようにしましょう。生活費をFXで運用していると、間違いなく損切りができなくなります。

また、あまりに小額でFXをすることはおすすめしません。小額でFXをした場合は、すぐにロスカットになる可能性が高いです。

ちょっと為替が変動しただけで、証拠金がなくなり、 心の余裕も無くなるので、ある程度の金額は、証拠金として運用することをおすすめします。

眠らないトレーダーにならない

「24時間取引ができるFX」だからと言って、FXを長時間しようとしないでください。

やらない時間を決めることも大切です。

集中してトレードすることと、自分が得意なトレード時間を決めましょう。

無理やりポジションを持たないことも大切です。

自分の中で明確なトレードチャンスの時にだけ、ポジションを持つようにしましょう。

ルールが決まったら口座を開設して、取引を始めてみよう!