個人投資家はなぜ弱い?

ツールを使う前に勝てない理由を知ろう

一般的に個人投資家はFXで勝てないと言われています。
それは一体なぜでしょう?

答えは簡単です!

それは機関投資家と呼ばれる投資会社や金融機関が圧倒的な資金量を
持って個人投資家を狙い撃ちするからです。

圧倒的に機関投資家の方が多い
圧倒的に機関投資家の方が多い

金融機関がなぜ個人投資家を狙い撃つのか?

個人投資家は資金量で機関投資家に大きく劣るので損切りをともなった損失が出やすくなります。

つまり相場の変動に弱い個人投資家は機関投資家から見ると、有利に利益を得るための獲物というわけです。

機関投資家は個人投資家の売買動向を常にチェックし、投資の判断材料にしているのです。

機関投資家の投資例

機関投資家の戦略
機関投資家の戦略

上の図のように、個人投資家がドル円の売りポジション数よりも多くの買いポジション数を保有している状態にあったとします。

このような時に機関投資家は個人投資家とは逆に売りを仕掛けます。

そうすることで、機関投資家は売りに耐えきれなくなった個人投資家の損切りを巻き込んだ値下がりで利益を得ることできます。

つまり個人投資家の売買動向を知り、機関投資家と同じ取引をすることができれば勝率が大きく上がるということです!

個人投資家のポジションが分かるツール

個人投資家の売買動向を把握することができるツールが、上の図にもある外為オンラインの無料ツール「ディールスコープ」です。

勝率を上げるためにも外為オンラインで口座を開設し、ディールスコープを使って取引することをオススメします。

今なら特典で「5,000円キャッシュバック」もあるのでお得です!

口座開設はこちら