FXは景気に左右されないって知ってた?

3行まとめ
  • FXは「売り」から入る事ができる
  • FXは手数料が無料
  • FXには決済期限がない
  • 相場は上がるよりも下がる方が早い!

「景気が悪いときに株を買う」と聞くと、どう感じるのでしょうか?

なんか上手くいく気はしませんよね。

ですが、FXは景気が悪い時でもチャンスが多いんです!

むしろ、景気が悪いときのほうがチャンスが多いと言えるかもしれません(笑)

どうして、不景気のときに株がダメで、FXが良いのかをかなりわかりやすく説明しましたので、ぜひサクッと読んでみてください!

【所要時間】3分もかかりません

不景気の株は落ちるナイフ

お金が消える

 不景気時の株は、儲けにくいどころか、多くの人が損をすることになります。

それは、不景気のときには株を買いたいという人は少なくなります。

そうなると、どんどん株価が下がっていくわけです。

例:10万円だった株価が、9万円になっても買いたい人がいなければ更に下がってしまいます。

となると、10万円で買った人は損をしますし、損をしないうちに売ろうとするため、さらに株価を押し下げることになるのです。

ましてや、景気はいつ回復するかもわかりませんし、その不景気によって会社が倒産してしまう可能性だってあります。

つまり、株の最大の弱点は景気(環境) に左右されてしまうということです。

もちろん株は、景気が良いときは利益を出しやすいですが、それでもほとんどは数年単位の時間がかかります。

ですが、FXは違います

「売り」は株よりもFXの方が圧倒的有利!!

 FXが景気に左右されないと言われる最大の理由は、売りから入ることができるためです。

FXは先に売っておいて、後から買い戻すということができるのです。

つまり、景気が悪くなるといった、下がる局面でも売りから入ることができるのです。

FXで売りから入るのは簡単です。「売りボタン」をポチッとタップするだけです。

「買い」と何も変わりません。

株は買いが基本

株は、「買い」が基本です。これから上がると思う株を買って、上がったら売るという非常に単純なものです。

株も信用取引という制度を使えば、「売り」から入ることはできますが、非常にややこしい上に高コストとなってしまいます。

株の売りは高コスト

株で、「売り」から入るための取引を、『信用取引』といいます。

FXで「売り」をしても、基本的には手数料というものはありませんが、株の信用取引は非常に支払うコストが多く、高コストになります。以下が信用取引にかかるコストです。

    信用取引のコスト
  1. 売買委託手数料
  2. 信用取引貸株料
  3. 品貸料
  4. 管理費

FXの取引手数料はありません!

信用取引とは、保証金というものを預けることで、保証金の3.3倍の金額を取引することができます。

株の「売り」は高リスク

株の信用取引では、3.3倍のレバレッジを使えます。

「FXよりレバレッジが低いんだ」と思う人もいるかもしれませんが、だからといって株の方が安全というわけではありません。

なぜなら、株価は2倍にも3倍にもなる可能性があるからです!

どういうことかというと、10万円だった株価が、20万円になることは全然あります。2倍になったということですね。

しかし、FXは1ドル100だったものが110円になるのには、数ヶ月から数年の時間がかかります。

為替はそれだけ安定しているということです。

このように為替は、あまり値動きが無いために25倍というレバレッジが利用できるんです!

株の「売り」は期限付き

信用取引は、一般的に「6ヶ月以内に取引を終了させなくてはいけない」という決まりがあります。

砂時計(期限をイメージ)

つまり、例えこれから狙い通りに相場が下がるとしても、6ヶ月以内に下がらず、7ヶ月目に下がった場合は残念ながら利益にはできないということになってしまいます。

FXの「売り」には、終了しなくてはいけないという決まりはないため、7ヶ月目の下げでも利益を得ることはできます!

FXは不景気の方がチャンスが多い理由

FXは不景気のほうがチャンスは多いです。

それは相場の特徴に理由があります。

相場というのは、上がるときよりも下がるときのほうが早いという特徴があるんです。

相場は下げのほうが早いという図
相場は上がるよりも下がるほうが早い

つまり、ゆっくりゆっくり上昇していきますが、下がるときは『ストンッ』と、落ちるのです。

相場に左右されないFXは、毎日チャンスが訪れる

今がチャンス
Point

『FX』は手数料ゼロ 『株』は高コスト
『FX』には期限がない 『株』は6ヶ月以内
そして、相場では下げが早い

FXの場合は、手数料がない上、期限がありません。

この時点で、FXは「売り」が得意ということになりますね!

そして、相場の特徴として、上げより下げの方が早いため、「売り」が得意なFXは、相場が上がっていく景気が良いときよりも、景気が良くない不景気のほうがチャンスが多いんです!

株やFXの特徴を知らない人は、株価下落などニュースを見ると「投資を始めよう」とは思わないかもしれません。

しかし、少しFXのことを知ると不景気はむしろチャンスということがわかるんです!

もちろん景気が良いときでもFXはできますので、

このチャンスを逃さないよう、この機にFXを始めてみてはいかがでしょうか!

SBI FXトレードでは、現在、新規口座を開設して期間内にログインするだけで500円が入金されるというキャンペーンのほか、期間限定のお得なキャンペーンを実施しています。

SBIFX口座申込
SBIFX口座申込
SBIFX口座申込
SBIFX口座申込